スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコ生スーパーGT最終戦 アイフェル200km レースレポート

以下、長文・駄文が続きます!ご注意ください(殴

アイフェル(サーキット)_34


ニコ生スーパーGT最終戦に参加してきました。
このシリーズ戦には第0戦から参加しているのですが、徐々に大会の規模が大きくなり
参加者のレベルとてつもなく高くなり、最後にはニコ生の「立ち見席」に追いやられるほど注目を浴びる大会となりました。

今回の最終戦の舞台はシーズン初の非実在コースで、さらにGT5上で作成したマイコース。
誰もこのレース以外で走ったことが無いということで、
このコースなら普段全く敵わない人でも戦えるのではないかと思い、練習からかなり頑張りましたw

予選 Q1
まずはこの予選で決勝レースに進出する13台が決定されます。
そのボーダーラインはおそらく1分39秒台かなーといったところ。
自分はそのときまでのベストは37秒9と、特にミスが無ければ余裕でいけるだろうとは思っていました。
普段予選突破できるかどうかでヒヤヒヤしていたのでこの感覚は新しかったですw

本番では、ここで失敗したらこれまでの練習が無駄になってしまうので、恐ろしくチキン走行になってしまい
結局タイムは1分38秒7という、目標タイムには全く届かない感じになってしまいました。
結果的に1分40秒を切れば予選突破だったので、ある程度余裕はあったのですが・・・。

Q2(スーパーラップ)

スーパーラップで使ったタイヤを、そのまま決勝スタート時に装着しなければいけないというルールだったので
ここで決勝の戦略が見え隠れすることになります。
賛否両論ありますが、GT5のバージョンアップでこの辺りが面白くなりましたね。

決勝で常にプッシュする走りは自分には向いていない気がしたので、敢えてのミディアムでアタックします。
これで他のマシンよりは一回ぐらいピットを減らせるはず!

で、天気が曇っていたのも悩ませられるポイントだったのですが、
前日に行われた300クラスが似たような空模様から最後まで降らなかったので、
そのパターンかと思いドライを選択。
そして、ソフトでアタック失敗したらただのアホだと思い、無難にミディアムで行くことに。

蓋を開けてみればミディアム勢は、ポイントリーダーのかずっちさん、そしてデロリンさんと自分だけでしたw

アタックは慎重になりすぎて1'40,6で終了。10番手グリッドからのスタートになりました。
自分のアタック中に雨が降り出してちょっとびっくりしちゃったのもありますがw

というわけで、文章だけのつまらないレポートは終了で、ここからフォトつきレポートの始まりです。

決勝

アイフェル(サーキット)_20
スーパーラップから降り出した雨ですが、路面水量が上がらないバグ(?)が起きたらしく
殆ど雨の影響を受けないままレーススタートとなりました。
自分が使うZはひたすら鬼トルクで、雨が降ると悲惨なことになるので助かりましたw

アイフェル(サーキット)_19

ペースカーはプリウスTC。こうしてみると最終戦は意外と車種がばらけたように思えます。
PPは自分と同じくZのkhさん。本当に同じクルマなのかと突っ込みたくなるほど速いかったですw

アイフェル(サーキット)_18

いよいよレーススタート。39週の長くて短いレースの始まりです。
前方ではラグがあったらしく、ジャンプスタート等のトラブルがあったようです。

アイフェル(サーキット)_17

1週目は慎重に、慎重にいったつもりだったのですが、慎重に行き過ぎて
後ろのデロリンさんとたまちゃんさんに押し出されてしまいます(汗
自分が遅すぎたのが悪かったです。すみませんでした。

これが無ければ・・・と後悔してます。

アイフェル(サーキット)_16

これで最後尾に落ちてしまい、11秒差ほど一気に付けられてしまいました・・・。
しかし自分はミディアム3ストップ作戦。
結構タイヤをセーブしないと10週タイヤが持たないので、焦ってペースを上げてつぶしてしまうわけには行きません。
ひたすら忍耐で走りました(´・ω・`)

アイフェル(サーキット)_15
6/39Laps

前方を走っていたマシンが続々とピットに向かいます。
これで7位浮上。

出来る限り一貫したペースを保とうと思っていましたが、徐々にタイヤが厳しくなってきます。
雨で少しだけグリップが低くなっているのか、燃料がまだ重いのかタイムの割りにタイヤの磨耗が早く進んでしまいます。

アイフェル(サーキット)_14

前のyoshikunさん、デロリンさん、パックさんの集団に追いつきます。
デロリンさん以外はソフトタイヤだったので、ペースが落ちてきていたようです。

アイフェル(サーキット)_13

パックさんに近づきすぎ、ハーフスピンさせてしまいます;;
序盤はラグが激しい状態だったので、無理に近づくとこうなってしまうんですよね・・・。
すみませんでしたm(_ _)m

アイフェル(サーキット)_12
8/39Laps

この周で前のyoshikunさんとデロリンさんがピットインして4位にポジションアップ。
トップ近くで走行していたシャイオさんがピットアウト、前に出られてしまいます。
これで密かに狙っていた表彰台フィニッシュは無理だと確信してしまいました(´・ω・`)


アイフェル(サーキット)_9
アイフェル(サーキット)_8

その後、タイヤがフレッシュな上様さんが迫ってきて見事に成敗されてしまいます。
もうタイヤがずるずるで抵抗しても損するだけなので、無理は出来ませんでした。
アイフェル(サーキット)_7


たまちゃんさんにも続けてオーバーテイクされてしまします。
アイフェル(サーキット)_5

10/39Laps
ずるずるになりながらピットへ・・・。
このピット入り口はラインカットが監視されているのですが、
それ以上にオーバースピードで突っ込んでしまっても損になるので注意深く行きます・・・。

アイフェル(サーキット)_4

パックさんの前、11位で復帰です。
ここからはタイヤマネジメントをとにかく気をつけなければなりません。

アイフェル(サーキット)_2

後ろからかずっちさんが迫ってきていますが、自分の順位争いには関係ないのが分かっていたので
なるべく譲ってもロスのなさそうなところで抜いてもらいます。
ただひたすらタイヤのことばかり頭にありました(笑)

以外にも他のマシンたちが、短いスパンでタイヤ交換を行っていくので気づけば5位ぐらいまで順位が上がっていました。
周りが7~8週間隔でピットに入っているとすると、2回分ピットストップが少なくなるので意外と5、6位ぐらいなら狙えるかもしれないと思い始めていました。

アイフェル(サーキット)_23

18/39Laps
再びバックストレートで上様さんに抜かれます。
タイヤが傷んでくると高速コーナーの通過・脱出速度に大幅な差ができてしまうので、
簡単に同じところでやられてしまいましたw

アイフェル(サーキット)_24

20/39Laps
予定通り、10週のスティントをこなすことができました。

アイフェル(サーキット)_25

STREAMさんの後ろの9番手で復帰。

アイフェル(サーキット)_26

上位を走っていたSTREAMさんですが、タイヤが自分より古いということもありペースが上がらない様子。
タイヤをいためないように、徐々に徐々に詰めていきます。

アイフェル(サーキット)_28

25/39Laps
バックストレートで完全にテールトゥノーズになります。
ここでオーバーテイクするのはタイヤ的にも厳しいし、抜かすのが苦手な自分にも厳しいということで
とりあえずプレッシャーだけかけておきます。
ここからのホームストレートへの立ち上がりで、なんとかスリップで抜けたらと作戦を練ります。

アイフェル(サーキット)_29

26/39Laps
ホームストレートで一気にスリップから抜け出した・・・はずでしたが
Zの直線の伸びはいまいち物足りないので、なんとか横並びにできるだけでした。
プランB(本当にありました(笑))ということで、アウトへ振ります。

アイフェル(サーキット)_30

1コーナーアウトからそのまま前に出られれば最高でしたが、それをやるにはまだアドバンテージが足りないと言うことで
いったんブレーキを早めにしておきます。
予想通りSTREAMさんブレーキングを頑張って、厳しいライン取りになったので・・・

アイフェル(サーキット)_31

インに付けない隙に、一気に次の右のタイトなコーナーでインに飛び込みます。
左コーナーで余裕を持たせた分、立ち上がりにアドバンテージがありました。

アイフェル(サーキット)_32

これでほぼ作戦通り前に出られました!
これで4番手。
レース前にオーバーテイクプランを妄想していたのが良かったみたいです(笑)


17分17秒あたりからSTREAMさんとのバトルが出ています!
個人的には自分のNSGTの中のハイライトシーンでした(笑)


アイフェル(サーキット)_33

29/39Laps
あと1週でピットストップというところで、上様さんが再び近づいてきます。
さらに後ろには神風さんも見えています。

アイフェル(サーキット)_35

再びバックストレートで横に並ばれてしまいます。
ただ、上様さんが自分と同じく残り1回のピットを残しているんだろうという予想をしていました。
つまり直接の順位争いとなるので、簡単に前を譲るわけにはいきません。

アイフェル(サーキット)_36

バックストレート後の左でインを取られましたが、その直後の右でアウトイン入れ替わってなんとか4位を死守。

アイフェル(サーキット)_37

しかし、その後のホームストレートへのトラクション全く違い、またもや簡単に抜かれてしまいました(笑)
実況では、「上様がモスチキンを食った!!」と叫ばれていましたw

アイフェル(サーキット)_38

30/39Laps
3回目のピットストップ。
第3スティントは燃料が軽くなってきてくれたおかげで、全体的に良いペースで走れました。

神風さんの前で出ますが、1コーナーまでにかわされてしまい結局7位で復帰。
後ろのZはkhさん。もう周回遅れ寸前にまできてしまいました。
その後khさんがピットしたので、結果的には周回遅れになりませんでしたが。

アイフェル(サーキット)_39

32/39Laps
上様さんがピットイン。
かなり際どいところでしたが、何とか前に出ます。
アンダーカットの効果があったのかもしれません。

アイフェル(サーキット)_41

神風さん、自分、上様さん、STREAMさんの4位争いの位置関係。時間変化もあるのでちょっぴり暗くなってきていました。

ここからのペース配分はとにかく難しかったです。
前の神風さんは自分よりタイヤが古い分、まだ差をつめることができそう。
しかしプッシュしすぎてしまえば、上様さんのほうがタイヤが新しい分簡単にひっくり返されてしまう。

とりあえずポジションキープが先決だと思い、タイヤをいためないように、神風さんとの差を一定に保てるように・・・
と、かなり集中力を高めて走っていました。

アイフェル(サーキット)_43

37/39Laps
ここで上様さんとの差が少し開き、神風さんとの差がすこし縮まります。
これは上様さんのタイヤが予想に反して自分より厳しくなっているのかと思い
思い切って前の神風さんに向かってプッシュしていくことに。

(後から聞いた話では、上様さんの燃料がギリギリだったので燃費走行をしていたのだとか・・・)

アイフェル(サーキット)_45

38/39Laps
一気に神風さんとの差が縮まってきます。
仕掛けるなら1コーナーですが、そこまでに狙える範囲までもっていくことができるか・・・。

アイフェル(サーキット)_46

39/39Laps
なんとかホームストレートでスリップに入ります。
かなり距離的に微妙だったので、仕掛けるか仕掛けないかかなり迷いましたが、思い切ってインに飛び込むことに。

アイフェル(サーキット)_47

ギリギリのブレーキングでなんとかインに入って前に出ます。

アイフェル(サーキット)_49

ちょっと突っ込みすぎた感じがありましたが、タイヤのアドバンテージがあったおかげで前に出ることが出来ました。
これで4位浮上!

アイフェル(サーキット)_50

そしてそのまま4位フィニッシュ!
NSGT最高順位タイでした。

------------------------------------------------------------------------
これレースでニコ生スーパーGT(NSGT)2011シリーズ、全7戦が閉幕。
自分の結果は、総合ポイントランキング6位、決勝最高順位は表彰台に一歩とどかず4位となりました。

最初は「軽い気持ちで始めたシリーズ戦だった」と主催者のがみーごさんが仰っていましたが、
自分も第0戦に参加したときは、「参加できるときだけ参加してみよう」という気持ちでした。
しかしだんだんと大規模な大会となってゆき、自分のガチ度も上がってゆき、
最後にはフル参戦までしていしまいました(笑)

途中からは本当に予選に通過できるか否かというところまでレベルが上がってしまいましたが、
そのレベルの高さ故にどの参加者の方に対しても信頼してバトルすることができました。
GT5の「最高のメンツ」とバトルできたことを光栄に思っています。ありがとうございました。

そして、がみーごさんをはじめとした運営の皆さん、参加者100人近くの大会の運営本当にお疲れ様でした。
自分がこの大会に継続して参加しようと思ったのも、運営の方々の熱意が伝わってきたからでした。
改めてお礼を言いたいです。本当にありがとうございました。

というわけで、来期に参加できるかどうかは微妙なところですが、
とりあえずは今月末行われるオールスター戦、ファン投票してくださった方のためにも頑張って走ってきます!

NSGT公式サイト→http://nsgt.f-space.org/
動画



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。NSGTに参加しているTEAM-KIBAMIのn-yoshi-umiです。いきなりですがザナヴィZでタイムを縮める上でのコツなどありますか?

No title

>よっし~さん
コメント返信遅くなってしまって申し訳ないですm(_ _)m

自分はザナヴィZしか500車両は使わないので、この車種だからといったコツは分からないですが(汗
やはり立ち上がりを重視したライン取りをして、
アクセルオンを早くすることですかね~。
セッティングはできるだけコーナー進入で向きを変えれるように作っていました。

2012シーズンはレベルが高くて、
予選通過することが相当難しくなっていそうですが頑張ってください!
プロフィール

maru-ku/もすちきん

Author:maru-ku/もすちきん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。