スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JGLR3 第5戦&最終戦

第5戦はFernBay。
このコースは大好きなのですが、ウエイトが70kg載った状態。
そしてポイントリーダーのSHOH1さんが優勝した場合、
自分は4位以上でないとチャンプ争いに残れないという状況でした。

予選はなかなかうまく決めれず、真ん中ぐらいからのスタート。

実はこのスタート前、半分までレースが進行していたのですが
ゲームシステム上の問題でリスタートに・・・。
4位をいい感じで走っていたのでとても残念でした。。



前にはXRRが沢山居るので、なんとか予選での遅れを取り返したいところ。
しかしクラッシュだけは避けたいと思っていましたが。。



ターン2のシケインをAquariusさんと横並びで進入・・・。



若干接触(ラグかもしれません)した影響でクルマが横に・・・。 



zexel@@さんに衝突させてしまい・・・



後ろを巻き込むクラッシュを起こしてしまいました。
もうこれで今季2度目です。。

横並びでいくには無理がありました。。本当に申し訳なかったです。



10位ぐらいまでポジションを回復した11週目。
ミスからコースアウトしてしまい、草むらに置いてあるタイヤに乗り上げてしまい
サスペンションに大きなダメージを負わせてしまいました。



これでピットイン。
作業している間にラップダウンにされてしまい、そのまま13位フィニッシュ。

この結果でチャンピオン争いがSHOH1さんとYASさんの2人に絞られることになりました。

--------------------------------------------------------------

最終戦は少し風が吹いている(笑)KyotoRing。
今回は若者FXR(謎)はSHOH1さんのセットアップを使用。
XRRはYASさんのセットアップを使う方が多かったみたいでした。



予選は2位。
1コーナーまでの距離は長いので、なんとか四駆のトラクションを生かしたいところ・・・。



何時もの鬼加速でトップで1コーナーを通過。



しかしオーバル区間後の大きな右コーナーで
YASさんに綺麗にオーバーテイクされてしまいます。



さらにMr.Jillさんにもオーバーテイクされてしまいます。



しかしMr.Jillさんがオーバル区間前でミスをされてしまい、
バンクゾーンではこんなことに(笑)



YASさんと同じ場所でtakaryoさんに抜かされてしまいます。





トップ3は常にこのような間隔。
タイヤマネージメントしながら、それほどプッシュせずについていけました。
しかしFXRは直線が遅いため、なかなかオーバーテイクに持ち込めませんでした。



しかし8週目にtakaryoさんがミスをされたところをオーバーテイク。
ワンミスも許されないような状況です・・・。



そしてtakaryoさんが先にPIT義務を消化。
この間に自分はハードプッシュをかけます。



そしてピットイン。
ドライブスルーペナルティーが怖かったのでかなり余裕を持って減速していました(笑)



takaryoさんの前に復帰。



しかしまた同じ場所でtakaryoさんに仕掛けられてしまいます。
これでオーバーテイクされてしまい、3位に。



さらにMr.Jillさんにも抜かされてしまい4位に落ちてしまいます。。



そのまま4位でチェッカー

---------------------------------------------
これでJGLR3が閉幕。
ポイントランキングは4位という結果になりました。
自分の実力にしてはかなり頑張ったほうかなぁといった感じですが、
やはり余計なミスで落としてしまってレースが勿体無かった感じです。。
しかし、目標だった優勝ができたのでそれだけでも良かったですかね(笑)

ランキング優勝は2pt差でSHOH1さんでした。
やはり安定感が自分とは比べ物にならないほどだなぁと思います。。
同じクルマに乗っているとは思えませんでした(笑)
おめでとうございます!

グッドシーズンでした!
次のシリーズ戦でもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

JGLR3 第4戦

今回は苦手なSouthCity Longでのレース。
前回のリベンジをしたいところですが、
直ぐに壁でミス=ダメージというコースなのでとにかく嫌いなタイプのコースでした(笑)

予選は30秒台が出せたので、半分を決勝の練習に充てていました(ぁ
グリッドはYASさんの次の2位から。



出足は圧倒的にXRRより速いので、1コーナーまでになんとか前に出たいところ。



しかし、YASさんのスタートがイン側だったのであまり差をつけることはできず、
並んだままの状態で2コーナーに入っていきます。



まだサイドバイサイドが続きます。



結局4コーナーまで並びっぱなしですが、とにかく当たらないことばかり考えていました(笑)



CYRで2・3の図。



1週目終了。2位でしたが、前も後ろもすこし間が空いてしまいました。





その後はひたすら壁に体当たり修行をしていました(アホ



そして15週目。
YASさんが先にピットインされます。
ここでどうやら修理が始まってしまったようでした。。



その影響で、19週目にピットインし戻ってきても1位という状況に。
レース中は何が起きたのか分からなかったので、
半分パニック状態になっていました(死



そしてそのまま1位でフィニッシュ。
このWINNERが付いた名前をずっと見たかったのです!(笑

-------------------------------------------------------------
今回はYASさんのミスや、後ろのバトルに助けられて初優勝することができました。
ただ運が良かっただけですが、とても嬉しいです。。
まさか苦手なこのコースで勝てるとは少しも思っていなかったので、
もうレース直後は喜びでちょっと言葉がおかしかったかもしれません(笑)

これでランキングは3位に浮上。
1位のSHOH1さんとは10ポイント差ですが、この次は70kgのでっかい重りが乗っかってきます。。
とりあえず最終戦までチャンピオン争いに絡められるように、次回も頑張りたいと思います。

JGLR3 第3戦

今回はAston GPでのレース。
珍しく走ったことのある車+コースの組み合わせでした。
去年は一週間狂ったように走り込んでいましたが、今回は告知の関係で当日練習のみ。
自己ベストを塗り替えられるか心配でしたがなんとか塗り替えられました。
やっぱり少しは速くなっているのかな・・・(笑)



このコースはとても長いので、アタックチャンスは多くて3回程度になります。
そんな中、最後の最後でなんとかセッションベストを塗り替えPPを獲得。
ポールを倒してしまったのが心残りなのですが・・・orz



2位には同じFXRのSHOH1さん。



1コーナーへ横並びで飛び込んでいきます。
ここで前に行かせてしまうと勝てる気がしなかったので、
なんとか食らい付いていきます。



次の連続ヘアピンの一つ目までサイドバイサイドが続きます。
ものすごい突っ込みで仕掛けてこられますが



クロスラインで対抗。
まだ譲るわけにはいきません(笑)



そのまま1週目は1位で帰ってこられました。



しかし2位のSHOH1さんがAquariusさんにオーバーテイクされてしまいます。
XRRはレースペースが売りなのでこれはまずい展開。



直線が圧倒的に遅いFXR。。
タイヤを守るためにウイングを立てていましたのでそれがさらに強調されていました。
高速S字で仕掛けてこられます。



しかしなんとかクロスラインで死守。



時速180km/hオーバーのコーナーでも仕掛けてこられました(汗
レースペースではやはり圧倒的にAquariusさんのほうが速いです。



そして連続ヘアピン前で横並びに。
ちょっと自分がふらふらしていました。
もっとはっきりしたラインを通らないとダメですね。。



できる限りブレーキを遅らせたのにもかかわらず、
Aquariusさんのほうがもっと遅くブレーキングされていました。
もうやられたか・・・と思いましたが、Aquariusさんがまさかのオーバーラン。
なんとか1位を守ります。



今度はimarkさん、SHOH1さんと、トップ3が接近し始めます。



imarkさんに直ぐ後ろまで着かれてしまいましたが、
コース上で仕掛けてこないで、敢えて早くPIT義務の消化をされていました。
冷静な方です(ぁ

自分はここでやられてはいけないと、そこからの1週をハードプッシュ。



そしてimarkさんがPITされた次の週にPIT。



なんとか前に出たか・・・!



しかしスピード差がありすぎたので何もできずに1つ後退。
ここから頑張って付いていきますが・・・



縁石でジャーンプ!(死




タイヤに衝突。



バランスを崩してスピン(ToT

これで6位まで落ちてしまいました。。



そのままフィニッシュ。

-------------------------------------------------
レース中盤までは最高だったのですが。。
こういったミスも含めて自分の実力なんだと納得することにしています(笑)
結果は仕方ないですが、レース中に面白いバトルが何度かあったので
なかなか楽しめたレースでした。

JGLR3 第2戦

第2戦のコースは前回のシーズンでは(逆周りですが)2位で終えることが出来たレースなので、
結構気合が入っていました。
しかしウエイトの影響で思うように走れず、10位グリッドからのスタート。



スタートで出来るだけ取り返そうと思っていましたが、
そんなことを考えるべきではありませんでした。。



1コーナーでいきなりオーバースピード。
冷えたタイヤや、周りの方を考慮しない走りでした。。
suijinさんやMr.Jillを押し出してしまいました・・・。



そしてguriさんに衝突させてしまいます。。

迷惑をかけてしまったのにもかかわらず、
このまま走り続けるのは流石にどうかと思ったのでこれでリタイア。

----------------------------------------------------
このレースは本当に最悪なレースでした。
明らかに無謀な突っ込みをし、
さらに直ぐにリタイアしなかったので後続の方にも迷惑をかけてしまいました。。
本当に申し訳ありませんでした。

Autumn Festival 2010

少し前のレースの記事になってしまいますが、一応書いておきます。
秋分の日レースということで、
FWD-GTR+FEという横転必死(笑)条件の中で行われた2時間耐久レース。

縁石が高かったり、妙な当たり判定でコース外に吹っ飛んでいってしまうこともあるこのコース。
少しでも気を抜けば即リタイアでした。
今回はその影響もあってか、チーム参加はほとんど居ませんでした(笑)



スターティンググリッドはランダムということになっていましたが、
適用されていなかったようで(?)直前練習のタイム通りになり2位グリッド。



スタートでYASさんにかわされ3番手に。



1週目終わった時点での様子。
YASさんがいきなりぶっちぎり体制を作っていきます。
信じられない速さでした・・・。



imarkさんがミスされたので2位以下が団子状態に。
このコースは小さなミスも大きな損になってしまいます。



今度は自分がミス。
takaryoさんにオーバーテイクされてしまい、4番手に。



今度はSHOH1さんに・・・。
お手本のようなオーバーテイクを決められてしまいました(笑)



これは危ない(汗
一応リタイアした後も再出走可能となっていましたが、
失った周回は取り返せないので、これからかなり慎重に走るようになりました。



前のSHOH1さんがまさかの横転。
これで4位に上がります。

imarkさんがその後ミスされ、3位まで上がります。



前のtakaryoさんとはいつの間にか差が付いてしまいました・・・。



が、今度はtakaryoさんまで横転。
これで2位に上がり、その後は特に何も無く(ぉ



ぼこぼこなクルマで2位でフィニッシュ!
なんとかラップダウンされずにゴールできました(笑)

------------------------------------------------
今回はとにかく完走を果たせるようにゆっくり走っていました。
このコースやクルマは大好きなのですが、このコンビネーションは厳しかったです(笑)
GoodRaceでした。
プロフィール

maru-ku/もすちきん

Author:maru-ku/もすちきん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。